銀竜草、アカショウビン

調査で山を歩いていたら、ツツジ科の銀竜草(ギンリョウソウ)に出会いました。通称、ユウレイダケと言います。
この植物は光合成で栄養を得るのではなく、地下に菌糸を出して、栄養を取り込みます。
葉緑素がないため、体が真っ白です。

このあと、アカショウビンという鳥の鳴き声を聞きました。きょーーーーーー、とお伝え出来ないのが残念ですが、
かなり特徴がある鳴き声でした。

ともに、職場の先輩に教えていただきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

飯田線の東栄駅

次の記事

耕運機 納機