山の調査・測量

大規模に木を切る前には、さまざまな調査をします。山の調査では、境界が大切です。
杭があらかじめ入っていれば、一つの道しるべとなります。入っていないときは、木の樹種・林齢の違い、シンボルツリー(境の松など)、地形などを総合的に判断して決定します。
境界を決定後に、測量機器を用いて、境界内の面積、長さを測ります。
その際に、写真撮影はもちろん、木の本数がおおむねどのくらいあるか、事前の草刈りが必要か、どのような木の切り方をするべきかなどを検討します。

今週は、まだ体が暑さに慣れていなかったせいか、とても疲れました。これは農業研修時も同じでした。
仕事をしていると、たまにこのような開けた絶景ポイントに出会います。名もなきスポットです。疲れを癒してくれますね。

入社後、3か月となりましたが、さまざまな決断に間違いはなかったなと振り返っています。
職場の皆様、本当にいろいろと山、自然、農にかかわる様々なことを丁寧に教えてくださります。
豊根村の山深い雰囲気も私は結構好きです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です