家庭用の果樹の苗木を植えました

果樹を軸とした農業を志して早5年。東京で各種フェアに出席して、さまざまな農家さんを訪ねて、いろいろな農業を勉強させてもらいました。長野での新規就農はあと1歩というところで、断念せざる得ない事象が発生しましたが、それをきっかけに愛知に根を張ることとなり、終の棲家を取得し、ようやく自分の畑に苗木を植える日が来ました。
とはいっても、今回は家庭菜園用で、当分はコンテナ管理です。家族で苗を選びました。(柑橘・ブルーベリー・ヘーゼルナッツ)
本業のブドウ苗の第1弾は春に届く予定です。
HP上なので詳細は控えますが、東京にいた頃に、現在住んでいる町の、とある窓口からは「果樹は推奨しない」と相手にされませんでしたが、去年、違うドアをたたいてみたら、本当にバックアップしてくれる人たちがいて、大変感謝しています。
一方で、私がこのように自分で違うドアをあけながら、農業への道を作ることができるのは、長野での2年間の農業研修があったからなので、長野でお世話になった方々にも大変感謝しています。
ゆっくりゆっくりではありますが、ハードルが高い果樹での就農に向けて、1歩ずつ進んでいるように思います。

※ぶどうの写真は、山形の菊地園芸さんのHPより抜粋しました。現在私が苗木をここに注文しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。