当初、長野県南部での新規就農を視野に、喬木村の地域おこし協力隊として農業研修を始めましたが、事情により、愛知県東部へ引っ越し、営農を開始しました。

農業研修では、主に市田柿、南水梨、加工トマト、およびスイートコーンの栽培技術を学びました。
ぶどうに関する知識はまったくないため、現在私自身の苗木を管理しつつ、同地域のブドウ農家さんのところへ勉強に行っています。

「明るく楽しく、ときには苦労して農業をする」ということをモットーに、周りから認められるブドウ農家を目指します。なお、週に数日ほど、隣町の森林組合へ主に森林調査の仕事にも行っています。